上質なタオルって何が違う?|国産(今治・泉州)タオルの特徴もご紹介

上質なタオル

上質なタオルが気になるけど、普通のタオルとどう違うんだろう?

安いタオルから高いタオルまで値段はピンキリだけど、本当に高いだけの価値があるのかな?

このコラムでは、そんな疑問をお持ちの方に上質なタオルと普通のタオルの違いを解説します。国産タオルで有名な今治・泉州タオルの特徴もご紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

上質なタオルと普通のタオルとの違い

上質なタオルと普通のタオルとの違いは、大きく分けると以下の3つになります。

  • 吸水性の違い
  • 肌ざわりの違い
  • 簡単に縮まない・へたらない

吸水性の違い

上質なタオルは、普通のタオルよりも吸収性に優れています。

タオルの吸収性を決める要因は綿の質・製法・厚みなどがあります。特に日本の高級タオルの代名詞でもある「今治タオル」は、「タオル片を水に浮かべてから5秒以内に沈む」という厳しい基準を設けているくらい、吸水性にこだわっています。

肌ざわりの違い

肌ざわりの違い

上質なタオルは、普通のタオルよりも肌ざわりが良いです。タオルの主な素材は綿(コットン)ですが、この綿の種類(生産地)やタオルの製法によって肌ざわりが少しずつ違います。

特に上質な綿を使用しているタオルは肌ざわりが格別です。海外で高級品として知られている綿を紹介しますと、次のような種類があります。

  • GIZA綿(エジプト)
  • スーピマ綿(アメリカ)
  • 海島綿(カリブ海)
  • 新疆(しんきょう)綿(中国)

これらの様々な綿で、製法や毛足の長さ、タオルの厚さなどによって肌ざわりが決まってきます。

簡単に縮まない・へたらない

上質なタオルは縮んだり、短期間でへたったりしません。

タオルは毎日洗濯して何度も何度も使いますから、簡単に縮んだりへたったりしないのも大事なポイントです。

上質なタオルは、タオルの素材である綿を糸に撚る際に、撚り方にこだわっています。撚り方によって、タオルの強さやしなやかさが変わってくるのです。ですので、上質なタオルほど、簡単に縮まず、へたらないのです。

以上、上質なタオルが普通のタオルと違う点を紹介いたしました。次に、上質な国産ブランドの「今治タオル」と「泉州タオル」について特徴の違いを見てみましょう。

上質な国産タオル「今治」と「泉州」のブランド別の特徴

国産タオルといえば、愛媛の今治タオルと大阪の泉州タオルが有名ですよね。

この2つのブランドは、先述した”上質なタオルの特徴”を満たしています。

では、それぞれどう違うのか?というと、タオルを作る過程の製法に違いがあります。

それぞれの特徴を紹介します。

今治タオルの特徴

今治タオルホームページ

今治タオルの特徴は、先晒し先染め製法・肌触りが良い・吸水性が良い・高級タオルのイメージです

今治タオルプロジェクトの公式サイトには、以下のように書かれています。

今治タオル産地には、高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、極めて重金属が少なく硬度成分も低い、晒しや染めに適した良質の水が豊富にあります。

この軟水を用いて晒しを行うことで繊維にやさしい仕上がりとなり、 繊細かつ柔らかな風合いや鮮やかな色が表現できます。

タオル片が水中に沈み始めるまでに要する時間(沈降法)が5秒以内。洗わなくても使い始めから水を吸うタオルと定めています。

https://www.imabaritoweljapan.jp/about/positioning.html

今治タオルは、先晒し・先染めという製法手順で作られています。先晒しとは、タオルの糸に付いた不純物を取り除き、白くする工程で、先に晒しを行うことで、綿が本来持っている柔らかさを引き出すことができ、見た目もきれいなものが出来上がります。

今治は、良質な軟水が豊富で、その水が先晒しや染めに適しており、その結果、柔らかく繊細なタオルが作れるのです。

また、「洗わなくても使い始めから水を吸うタオル」という厳しい規定も定めていることが特徴にあります。

今治タオルというと、高級タオルとして知られており、来客用やホテルでの使用など「おもてなし」のタイミングでよく使われています。

泉州タオルの特徴

泉州タオルホームページ

泉州タオルの特徴は、後晒し製法・清潔感がある・吸水性が良い・大量生産でコスト削減できるので日常的に使われています

一方、泉州タオルの特徴について、大阪タオル工業組合のサイトには以下の様に載っています。

後晒製法と呼ばれる独特な製法を一貫して守り通してきました。

さらし”とは、糸に付いた不純物を取り除き(精練)、白くする(漂白)工程のことです。

タオルを織る際に糸切れを防ぐため、糸につけた糊(のり)や、材料である糸(=綿<わた>)にもともと付着している、油分や不純物をきれいに全て取り除き、漂白・水洗いする必要があり、その工程を“さらし”と言います。

後晒タオルは、その“さらし”をタオルが織り上がった後で行うことによって、吸水性に優れた肌ざわりの良いタオルになるんです。

https://www.senshu-towel.jp/?mode=f1

つまり、泉州タオルは後晒製法と呼ばれる独特な製法で、柔らかく・吸収性が高く・清潔なタオルであることが分かります。

来客用やホテルでの使用が主な今治タオルと比べると、泉州タオルは、日常的に使える上質なタオルということができます。

古くから商業の街である大阪だからこそ、飲食店や商業でも使える清潔なタオルが発達したと言えるでしょう。

上質な「名入れタオル」「オリジナルタオル」を作るなら「名入れタオル製作所」

名入れタオル

名入れタオル製作所では、名入れ用の国産タオルは全て泉州タオルを使っています。

粗品・ご挨拶用・ご贈答用の上質なタオルを取り揃えております。

泉州タオルを使った名入れタオルの商品一覧

→ 泉州タオルを使った名入れタオルの商品一覧を見てみる(海外産もございます)

オリジナルタオル

名入れタオル製作所では、フェイスタオル、マフラータオル、スポーツタオルのオリジナルタオルを扱っています。国産タオルは全て今治にある工場で作っているタオルです。

オリジナルタオルの商品一覧

→ オリジナルタオルの商品一覧を見てみる(海外産もございます)

質にこだわって、名入れタオル・オリジナルタオルを作成してみてはいかがでしょうか?

名入れタオル製作所では、簡単ステップで、すぐに見積もりが可能です。ぜひご利用くださいませ。

→ お見積もり依頼フォームを見る

タイトルとURLをコピーしました