ハンドタオルのおすすめ商品一覧

ハンドタオルフルカラー

日常に使いやすいベストサイズ!
コンパクトでもらって邪魔になりにくいため、ちょっとしたノベルティにも最適

ハンドタオル

手軽に使えるサイズ感が嬉しいハンドタオルは、日常的に手元に持っていたいもの。
企業のノベルティやサークルの記念品など、幅広いシーンで活躍するアイテムです。

ハンドタオルを選ぶポイント

ハンドタオルは、手を拭く場面などでハンカチの代わりによく利用されるタオルです。
小ぶりなのでバッグやポーチに入れて持ち歩きやすく、外出時に重宝されます。

ハンカチ代わりとしてはもちろん、キッチンタオルとして使ったり、
スポーツ時の汗拭きタオルとして使ったりと用途はさまざま。

コンパクトでもらって邪魔になりにくいため、プレゼントや記念品、
ちょっとしたノベルティにも使いやすいタオルです。

ハンドタオルとは

ハンドタオルとは、持ち歩きに便利な小さめのタオルのことです。
ハンカチのようにポケットに入れておくこともできますが、ハンカチよりは少し大きいサイズ感なのでバッグに入れて持ち歩く人のほうが多いでしょう。

外出時だけでなく、子どもの食事のときにナプキン代わりに使ったり、キッチンタオルや台拭きの代わりに使ったりと幅広いシーンで活躍してくれます。

ハンドタオルは正方形の商品が多く、小さなものは15cm四方、大きなものは30〜40cm四方のタオルもあります。

ハンドタオルおすすめの3種類

ハンドタオル枠ありプリント

ハンドタオル 枠ありプリント

印刷工程が少なく済むためコストパフォーマンスに優れます。コンパクトなので、細かなデザインよりもシンプルなデザインが向いています。タオルの四方に残る白枠を生かし、ワンポイントのロゴや一言メッセージなどを入れるのがおすすめです。

サイズ34×38cm
材質(素材)綿100%
産地海外
印刷色数1色印刷〜6色印刷
最短出荷日10〜15営業日(目安)
ハンドタオル全面プリント

ハンドタオル 全面プリント

上質なタオルの質感をそのままに、生地の端まで色鮮やかに印刷できます。派手な配色で個性的にハンドタオルに仕上げるのもよいでしょう。タオル本来の柔らかい肌触りや吸水性を損なわないのも魅力です。

サイズ34×38cm
材質(素材)綿100%
産地海外
印刷色数1色印刷〜6色印刷
最短出荷日15営業日(目安)
ハンドタオルフルカラー

ハンドタオル フルカラー

色数無制限で複雑なデザインも表現できます。写真やグラデーションなど、ハンドタオルでこだわりのデザインを実現させたい人におすすめです。1枚からの超小ロット注文にも対応しています。

サイズ33×33cm
材質(素材)綿100%
産地今治
印刷色数フルカラー
最短出荷日10営業日(目安)

ハンドタオル選びのポイント

ハンドタオルの画像

ポケットに入れて普段遣いできるハンドタオルの特徴や、選び方のポイントについてご説明します。

ハンカチとの違い

ポケットに入れて使うといって最初に思い浮かぶのは、やはりハンカチですね。

では、ハンカチとハンドタオルというのはどう違うのでしょう?

ハンカチ

ハンカチとは本来、身だしなみとして日常的に用いられる正方形の薄い布のことをいいます。

ハンカチーフ(handkerchief)が省略された言葉で、日本では手巾(しゅきん)とも呼ばれていました。

用途としては洗った手を拭く、汗を拭うといった用途の他に、欧米では洟(ハナ)をかむことにも使われます。

正方形という形状に関しては、フランスのルイ16世王妃マリー・アントワネットがハンカチーフを正方形に規格として統一させたのが始まりとされています。

ハンドタオル

ハンドタオルは別名をタオルハンカチといいます。

つまり、ハンカチの中でもタオル地で作られたものが特別にそう呼ばれているのです。

薄い布地で作られることの多いハンカチよりも、タオル生地の特性である吸水性に優れているという利点があります。

2006年の第88回全国高等学校野球選手権大会において、早稲田実業の斎藤佑樹投手が「ハンカチ王子」として有名になりましたが、彼が使っていたのは青いタオルハンカチで、その後のブームを巻き起こしたのも記憶に新しいところですね。

サイズ感

小さいものは25cm角ほどから、40cm角を超えるものまでサイズは様々ですが、先述したようにその全てがほぼ正方形というのが特長です。

手を拭く時に広げて使うことを想定すると、30cmほどのサイズ感のものが一般的には使いやすく、商品としても数多く展開されています。

サイズの比較としては、ミニタオルよりは大きく、フェイスタオルよりは小さいといったところです。

ハンドタオルが活躍するシーン

その名の通り外出時にハンカチ代わりに使用するハンドタオルですが、次のようなシーンでもハンドタオルは活躍してくれます。

外出時にポケットやかばんに忍ばせて使う

ポーチとハンドタオル

ハンドタオルの王道の使い方といえばこれですね。

男性ならスーツやパンツのポケットに入れたり、女性ならポーチに忍ばせたり、携帯性に優れたサイズ感ならではの使い方です。

スポーツ時にポケットに入れて使う

汗を掻くといえばスポーツですが、フェイスタオルやスポーツタオルを首からかけていたのではプレイの邪魔になって仕方ありません。

その点ハンドタオルは小さくたたむことができますので、ウェアのポケットに忍ばせてプレーの合間にちょっと汗を拭うなんて使い方もできます。

ハンドタオルとミネラルウォーター

アウトドアでの日除け代わりに使う

麦わら帽子とハンドタオル

アウトドアレジャーなどの炎天下では熱射病予防の観点からも、帽子をかぶっていたいものです。

しかし、後ろにもツバがある帽子だとしても、意外と後頭部から首元にかけてはカバーしきれないというのが実情。

そんな時は、ハンドタオルを帽子の後ろに挟んで使えば、首元にあたる直射日光を遮ることができますので、思いの外快適に過ごせます。

また、日常の街中でも日差しが強くてたまらない時などは、ちょっと頭に乗せて帽子代わりにするのもおすすめです。

食事時のナプキン代わりに使う

お子さまの食事時などは前掛けをすることも多いと思いますが、汚してしまって代えがない時など、ちょっとした前掛け代わりのナプキンとして利用するのにも丁度いいサイズです。

食卓に置いてキッチンタオルや台拭きの代わりに使う

ノベルティなどで貰うことも多いハンドタオルは、気がついたら枚数が溜まっているなんてご家庭もあるかもしれません。

そんな時は普段の食卓の脇に何枚か積んでおいて、キッチンタオルの代わりに利用したり、ちょっとお皿を拭いたりするのもおすすめです。

汚れたらすぐに洗いに出せますし、かえって衛生的でもあります。

来客時のおしぼりとして使う

ハンドタオルは急な来客時などではおしぼりとしても大活躍します。

おしぼりとしては丁度いいサイズ感ですし、カラフルな柄のものをお出しすれば、話が弾んでお互いにリラックスできるかもしれませんよ。

ハンドタオル製作をおすすめしたい業種

利用範囲の広いハンドタオルは、オリジナル製品を作るのにおすすめな業種も多岐にわたります。

普段遣いできるということは、常に手元において貰えるということですから、あなたのブランドを常に目にしてもらえるということでもあります。

どちらかというと飲食店や美容室、雑貨屋などの生活の身近にあるタイプのショップのノベルティとして、オリジナリティをいかしたデザインのハンドタオルを製作するのがおすすめ。

フルカラーのハンドタオルなら、店のオリジナルグッズとして販売するのにも十分耐える商品を作ることもできますよ。

また、サークルなどで製作する場合は、野球やソフトボールなどフィールドから離れられないけれど、プレーのブレイクタイムが多くあるタイプのスポーツ、ブラスバンドや合唱などステージに上ることが想定されるサークルなどで、お揃いのハンドタオルを作るなどはいかがですか?

同人イベントやお子様向けノベルティなどにもピッタリです。

ハンドタオルに関するお役立ち情報

当社の「タオルマガジン」のなかから、ハンドタオルの活用方法や製作アイディアに関するおすすめ記事をご紹介します。

スポーツ施設のノベルティに

スポーツ施設のノベルティとしてもハンドタオルはおすすめです。ポケットに入れておけるサイズで使いやすく、利用者にも喜んでもらえるでしょう。

同窓会の記念品に

同窓会の記念品にオリジナルハンドタオルを作るのもおすすめです。同窓会が終わったあとも、日常生活で使ってもらいやすい記念品となりますよ。

ハンドタオルの種類

枠ありプリント

特徴

印刷工程が少なく済むためにコストパフォーマンスはNo.1で、納期も比較的早くできあがります。

特色指定のため色鮮やかな印刷が可能で、色も滲みにくく細かなデザインにもおすすめ。

ただし写真やグラデーション処理、細かすぎる線などを利用した印刷には向きません。

シンプルな自社ロゴをプリントしたオリジナルハンドタオルを、出来るだけ安価に仕上げたいというようなお客様には、もっとも向いたプリント方法です。

印刷は可能枠内での印刷しかできないため、必ずデザインの周りに白枠が発生しますのでご注意ください。

サイズ

340mm×380mmのほぼ正方形で、一般的なハンドタオルより少しだけ大きいサイズ感は、手を拭くときなどにも非常に使いやすいです。

素材と縫製

端処理について

100%綿素材で、表面はパイルをカットしたソフトな肌触りが特徴的なシャーリング加工を施されています。

パイルをカットしたことにより毛足が揃い表面が非常に滑らかな生地のため、細かなデザインのプリントも綺麗に仕上がります

裏面はパイル加工されており、吸水性に優れいてますので実用性も十分です。

端は長辺が三巻、短辺が平ヘム処理されていますので、ほつれの少ないしっかりとした仕上げがなされています。

プリント方法

1~6色印刷が選べるため、ベースの白を合わせると最大7色のデザインを楽しむことができます。

印刷はタオルの毛足表面に硬めのインクを付着させる、顔料プリント方式によって行われますので、滲みが少なく細かなデザイン表現が得意です。

インクのベタ塗り面積が少なく、濃色以外のデザインにおすすめで、特に白地を生かしたロゴデザインなどを鮮やかに発色をさせる時には向いています

注文枚数と納期

1~6色(白は色数に含まれません)印刷まで、すべて30枚より承ります。

在庫があれば最短で10~15営業日での出荷が可能です。

価格

1色印刷で500枚注文時、1枚あたり154円(税抜)でのご利用が可能です。

詳しくは【ハンドタオル 枠ありプリント】の価格表をご参照ください。

全面プリント

特徴

上質なタオルの質感をそのままに、生地の端までタオル表面全体にプリントを施すことができます

特色指定なので、色鮮やかな印刷が可能ですが、写真やグラデーション処理、細かすぎる線などを利用した印刷には向きません。

高発色の全面プリントで、自社ブランドなどを強くアピールしたい場合などにはおすすめのプリント方法です。

サイズ

340mm×380mmのほぼ正方形で、一般的なハンドタオルより少しだけ大きいサイズ感は、手を拭くときなどにも非常に使いやすいです。

素材と縫製

端処理について

100%綿素材で、表面はパイルをカットしたソフトな肌触りが特徴的なシャーリング加工を施されています。

パイルをカットしたことにより毛足が揃い表面が非常に滑らかな生地のため、細かなデザインのプリントも綺麗に仕上がります

裏面はパイル加工されており、吸水性に優れいてますので実用性も十分です。

端は長辺が三巻、短辺が平ヘム処理されていますので、ほつれの少ないしっかりとした仕上げがなされています。

プリント方法

1~6色印刷が選べるため、ベースの白を合わせると最大7色のデザインを楽しむことができます。

タオル生地繊維の奥に水溶性インクを浸透させる染料プリント方式で印刷され、印刷後にタオルの端へ縫製加工を行うために、タオルの端まで綺麗にプリントを乗せることが可能です。

また、印刷後に余分な染料を洗い流し、高温で蒸し加工を行い乾燥させるという手間をかけたプリント方法のため、全面印刷ながらもタオル本来の柔らかい肌触りと吸水性が損なわれないのも魅力です。

注文枚数と納期

1~6色(白は色数に含まれません)印刷まで、すべて50枚より承ります。

在庫があればおよそ15営業日での出荷が可能です。

価格

1色印刷で500枚注文時、1枚あたり275円(税抜)でのご利用が可能です。

詳しくは【ハンドタオル 全面プリント】の価格表をご参照ください。

フルカラー

特徴

色数は無制限で、写真やグラデーション加工した印刷も可能です。

生地の端まで印刷できるので、できあがりのインパクは絶大です。

特色指定は不可となり、薄い色味はうまく印刷が出にくい場合もありますので注意が必要です。

印刷用の版が不要なため1枚からの超小ロットでの注文も可能ですので、ノベルティだけでなくオリジナル商品としての製作や、サークルや部活動など小ロット生産にもおすすめなプリント方法です。

サイズ

330mm×330mmの角丸正方形で、一般的なハンドタオルより少しだけ大きいサイズ感で、手を拭くときなどには非常に使いやすいです。

素材と縫製

100%綿素材で、表面はパイルをカットしたソフトな肌触りが特徴的なシャーリング加工を施されています。

パイルをカットしたことにより毛足が揃い表面が非常に滑らかな生地のため、細かなデザインのプリントも綺麗に仕上がります

裏面はパイル加工されており、吸水性に優れいてますので実用性も十分です。

端の処理はメロー巻きという高級仕上げで仕立てられています。

プリント方法

染料インクをインクジェットで吹付けプリントをして、蒸気で蒸してから洗い不要なインクを落とすプリント方式です。

色落ちの心配も少なく、柔らかいタオル地の風合いをそのままに感じることができます。

CMYKフルカラー印刷なので、写真やグラデーションなどカラフルなデザインや細かなデザインが可能です。

注文枚数と納期

1枚から承ります。

在庫があれば10営業日での出荷が可能です。

価格

1~9枚だと1枚あたり7,780円(税別)ですが、10枚以上だと1枚あたり2,000円(税別)でのご利用が可能です。

500枚注文時1枚あたり550円(税別)。

詳しくは【ハンドタオル フルカラー】の価格表をご参照ください。

まとめ

身近に持っていられることで、常にブランドイメージをアピールできるノベルティや、小ロット生産でのサークルや部活動での利用まで、幅広い利用方法が考えられるハンドタオルは、お手軽なオリジナルタオルとしても人気が高い商品です。

無料見積もりやサンプル請求など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました