オリジナルデザインのタオルの作り方|デザインの作成から方法まで

先生の似顔絵のタオル

“なにか記憶に残るようなオリジナルグッズを作りたい”とお考えの方におすすめなのが「オリジナルデザインのタオル」

オリジナルデザインのタオルならメッセージやイラストなどを自由に入れることができます。

企業やお店の名前、ロゴマーグなどを入れたオリジナルタオルを作れば実用性の高いノベルティグッズとなることでしょう。

それ以外にも、例えば部活やサークルでお揃いのオリジナルタオルを作れば士気の向上にも繋がるはず。

そこで今回は、当社・名入れタオル製作所のオリジナルタオルの作り方や価格、デザイン事例などをご紹介していきます。

オリジナルタオル製作をご検討の方はぜひ最後までご覧ください。

オリジナルデザインのタオルを作る手順

はじめに、オリジナルタオルの製作方法と手順について説明します。

オリジナルタオルの作成には、以下の5つのステップがあります。

オリジナルタオルの作成する5つのステップ

① タオルの種類、サイズ選び
② プリント方法の選定
③ デザインの作成から入稿まで
④ デザインの修正から校了まで
⑤ 印刷


この5つのステップについて、一つずつ詳しく見ていきましょう。

①タオルのサイズや生地を選ぶ

まずはタオルの種類やサイズを選びます。

タオルには、主なサイズとして下記の7種類があります。

・フェイスタオル
フェイスタオルのサイズは340×850mmです。洗面所やキッチン周りなどさまざまな場所で利用できます。誰がもらってもうれしいスタンダードなタオルといえるでしょう。

・マフラータオル
マフラータオルのサイズは210×1,100mmです。スポーツの応援グッズとして知られていますが、運動時の汗ふきタオルとしても活躍します。首にかけておけば邪魔にならず、ササっと汗を拭うのにぴったりです。

・スポーツタオル
スポーツタオルのサイズは400×1,100mmです。同じ長さのマフラータオルと比べて、約2倍の幅となります。インテリアとして額縁に入れて壁に飾るといった使い方もあります。

・手ぬぐい
手ぬぐいのサイズは330×860mmです。「平織り」と呼ばれる製法で織られていて独特な風合いがあり、両端は切りっぱなしになっているのが特徴です。タオルほどの吸水性はありませんが、薄手なので速乾性に優れています。

・バスタオル
バスタオルのサイズは600×1,200mmです。お風呂上がりの体拭き用として使う人が多いでしょう。当社で取り扱っている7種類のなかではもっとも大きいサイズです。

・ハンドタオル
ハンドタオルのサイズは340×380mmです(フルカラーのみ330×330mm)。コンパクトで、ハンカチの代わりによく使われています。プレゼントにも最適です。

・ミニタオル
ミニタオルのサイズは200×200mmです(フルカラーは250×250mm)。ハンドタオルよりも一回り小さく、ポケットに入れて持ち歩くこともできます。大人から子どもまで幅広い世代に人気のタオルです。

普段使いしてもらえるものを選びたいなら「フェイスタオル」。
イラストの点数が多い場合や大胆なプリントをしたい場合は、大きめの「スポーツタオル」や幅のある「マフラータオル」が適しているでしょう。

ただ、サイズによって値段も異なるので、後述する価格表なども確認しながら適切な種類を選びましょう。
プレゼントであれば、贈った相手が最も使ってくれそうなシーンを想像して決められるとベストです。

②プリント方法を決める

次にタオルのプリント方法を決めていきます。
プリント方法は「枠ありプリント」「全面プリント」「フルカラー」の3種類です。

それぞれメリットとデメリットがありますので、製作したいデザインに適したプリント方法を選んでください。

プリント方法枠ありプリント
(顔料プリント)
全面プリント
(染料プリント)
フルカラー
(染料インクジェットプリント)
イメージ枠ありプリント枠なしプリントフルカラー
特徴もっとも手軽にオリジナルのタオルが作れる印刷方法。インキメーカーは「DIC株式会社」と「PANTONE」を指定。生地の色が見えないようにタオルの全面にプリントする印刷方法。インキメーカーは「DIC株式会社」と「PANTONE」を指定。染料インクを直接タオル生地に吹き付けてプリントする印刷方法。「CMYKフルカラー」で印刷。
メリット・低価格で製作できる
・にじみが少なく、細かいデザインも再現可能
・生地の端まで印刷できる
・印刷部分も吸収性が下がらず、柔らかい肌触りに仕上がる
・こすれや洗濯に強い
・デザインに制限がなく、写真やグラデーションも再現できる
・柔らかな風合いに仕上がり、色落ちも少ない
・1枚から製作可能
デメリット・タオルの四方に白枠が残る
・印刷部分は硬い肌触りになる
・枠ありプリントより製作コストが高い
・少しにじむ場合があるため、細かいデザインには不向き
・製作コストが最も高い
・少しくすみのある色合いになる

③デザインを作成して入稿する

タオルの種類が決まったら、次はデザインの作成です。

デザインの入稿方法は以下の2種類。

  • 「Adobe Illustrator」を使って入稿する
  • デザインを依頼して作成してもらう

それぞれの入稿方法を詳しくみていきましょう。

「Adobe Illustrator」の入稿方法

Adobe Illustratorソフトをお持ちの場合、自分が提出したデザインがそのままタオルにプリントされるので思い通りの仕上がりになります。

弊社で入稿をする際はAdobe Illustratorのデータを整えていただく必要があります。
こちらの「オリジナルタオル Aiデータ入稿について」に詳細な手順が書いてあるので、あらかじめ読んでいただけますと幸いに存じます。

デザインを作成してもらい入稿する方法

Illustratorを使った入稿が難しい場合は、デザイン作成を弊社に依頼して入稿する「デザイン制作お任せコース」をご利用ください。

デザイン制作お任せコースには、「らくがきコース」「そっくり作成コース」「オフィス系入稿コース」の3つの方法がります。

コース名らくがきコースそっくり作成コースオフィス系入稿コース
デザイン料金5,000円3,000円5,000円
コース詳細注文シートに手書きのイラストが描かれた注文シートをもとにデザインを作成するコースすでにあるタオルとそっくりのデザインを作成するコースExcelやWord、パワーポイントなど、office系ソフトで入稿したデータをもとにデザインを作成するコース
データ作成目安期間平均2~3営業日平均2営業日平均2~4営業日
修正対応回数3回1回2回

より詳しい内容を知りたい場合は、「オリジナルタオル デザイン制作おまかせコース」に詳細を書いていますのでご確認ください。

手書きのイラストなどをタオルに印刷したい場合は「らくがきコース(デザイン料:+5,000円)」がおすすめです。

手書きで書いたイラストをもとに、スタッフがそっくり同じデザインを製作してくれるコースなので、「データでデザインが作れない」「手書きのニュアンスを出したい」という方にはぴったりです。小さなお子さまが描いた絵をプリントすることも可能です。

どの方法が自分の作りたいオリジナルタオルに適しているか、しっかり確認してから選択しましょう。

④デザインの修正から確定まで

デザインを提出したら、データの確認と編集作業が行われたあとに「初校の連絡メール」が注文者のもとに送られてきます。
注文者は送られてきたデータ内容を確認し、手直ししたい箇所がある場合は「修正依頼」を提出します。

原稿内容に問題がない場合は、原稿確定の旨を連絡しましょう。
デザインが確定したタイミングで、正式な納期が伝えられます。

デザインが確定したあとは修正ができませんので十分にチェックするようにしてください。

⑤印刷から納品まで

データが確定したら印刷に進みます。このタイミングで支払いが必要となりますので、事前に支払い方法を確認しておきましょう。

商品が完成次第、発送され納品となります。商品が届いたら、まずは欠品や数の間違いがないかを速やかにチェックしてください。

なお、申し込みから納品までには10〜15営業日ほどかかります。
納品までの日数は、タオルの種類やプリント方法などによっても異なりますので、各商品ページに記載されている目安の日数をご確認ください。

オリジナルタオルの価格表

続いて、オリジナルタオルの価格についてみていきましょう。

オリジナルタオルは下記の条件によって料金が異なります。

  • タオルの種類とサイズ
  • プリント方法
  • 配色数(1~8色)
  • 注文枚数

以下の表は、「4色、50枚」でオリジナルタオルを注文したときの一枚あたりの料金の比較表です(フルカラーは4色以上も可。配色数に制限はありません)。

<「4色、50枚」を注文したときの一枚あたりの料金表>

枠あり全面フルカラー
フェイスタオル1,180円1,940円1,660円
マフラータオル1,540円2,100円1,480円
スポーツタオル1,680円2,480円2,580円
手ぬぐい1,080円
バスタオル2,230円3,300円
ハンドタオル1,025円1,800円800円
ミニタオル550円490円

※ミニタオル(枠あり)のみ、最小ロットが120枚のため120枚を注文したときの一枚あたりの価格です。

プリントする配色数が増えるほど料金は上がりますが、一度の注文枚数が増えるほど一枚あたりの単価は安くなります。

より詳細な料金については「オリジナルタオル商品一覧」をご確認ください。

オリジナルタオルのデザイン例

次にオリジナルタオルの完成見本として、実際のデザインをご紹介します。

ここでは、次の2つのデザイン例を取り上げていきます。

  • 似顔絵入りのオリジナルタオル
  • 部活動やサークルのオリジナルタオル

それぞれのデザイン例を画像でご紹介しますので、どのようなデザインのタオルが製作できるのか、完成品のイメージとして参考にしてください。

似顔絵入りオリジナルタオル

まずは「似顔絵入りオリジナルタオル」のデザイン事例について、シーン別で4つご紹介します。

こちらで取り上げる事例のように、細かい色や線の違いもタオルで表現可能です。
似顔絵入りタオルはノベルティや贈答品など、さまざまなシーンでご利用いただいています。

■「お客様へのノベルティとして」接骨院の院長の似顔絵入りスポーツタオル

「整骨院でお客様へのノベルティとして」院長の似顔絵入りスポーツタオル

■「結婚式の引き出物」新郎新婦の似顔絵入りフェイスタオル

「結婚式の引き出物」新郎新婦の似顔絵入りフェイスタオル

■「会社の創立10周年の記念」社員の似顔絵入りマフラータオル

「会社の創立10周年の記念」社員の似顔絵入りマフラータオル

■「幼稚園の先生へ卒園記念に」子どもたちの似顔絵入りフェイスタオル

「幼稚園の先生へ卒園記念に」子ども達の似顔絵入りフェイスタオル

部活動やサークルのオリジナルタオル

続いては「部活動やサークルのオリジナルタオル」のデザイン事例を2つご紹介します。
こちらで取り上げるのは、よさこいチームの事例です。

チームでお揃いのタオルを作ることで一体感が高まり、チーム全体の士気の向上に繋がります。

■よさこいチームのタオル(名古屋学生チーム 鯱 様)

名古屋学生チーム鯱様

■よさこいチームのタオル(よさこい関学連 炎流 様)

よさこい関学連炎流様

よさこいチーム以外にも、部活動やサークル、スポーツクラブなどオリジナルタオルはさまざまなお客さまにご利用いただいています。

オリジナルタオルを作る際の注意点

最後に、オリジナルタオルを作る際の注意点を2つご紹介します。

  • アーティストのロゴなど著作権を侵害するデザインは印刷できない
  • 原稿確定後はキャンセル不可

不要なトラブルを防ぐためにも、この2点には十分に気をつけておきましょう。

アーティストのロゴなど著作権にかかわるものはNG

一つ目の注意点として、著作権が別の人にあるデザインは印刷ができません。

たとえば、ライブやコンサート用にオリジナルタオルを作る場合で考えてみましょう。

この際に「アーティストのロゴや顔写真をタオルに印刷したい!」と考える方は少なくありませんが、それはできません。それらを無断で使用すれば著作権侵害に該当する可能性があります。

タオルに印刷するものは「オリジナルのデザイン」もしくは「フリー素材」を使うようにしてください。

原稿確定後はキャンセルができない

注文がキャンセルできるのは「原稿確定前まで」となっています。
原稿確定後はキャンセルができませんのでご注意ください。

どうしても原稿確定後にキャンセルする場合は、製作費用を全額お支払いいただいております。あらかじめご了承ください。

オリジナルタオルの作り方のまとめ

今回はオリジナルタオルの作り方についてご紹介しました。

幅広いデザインができるオリジナルタオルは「個性」を表現できるアイテムです。

文字やイラスト、似顔絵などを入れて、世界に1つだけのオリジナルタオルを作ってみてはいかがでしょうか?

名入れ製作所では、オリジナルタオル製作のご注文を承っております。

製作に関するご相談にもお応えしておりますので、ご不明点や不安な点などありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました